So-net無料ブログ作成

金星探査機「あかつき」はどうなった [宇宙]

金星探査機「あかつき」はどうなった。
おかしい、もう昼になろうとするのに情報が入ってこない。これは非常事態と言っていいだろう。
気になってネットでまた情報を探した。失敗!
ヨーロッパチームのビーナス・エキスプレスが既に成功させているのになぜだ。
JAXAは月や火星迄は良かったのだろうが、金星は周回軌道に乗せるために、何が足りなかったのだろう。
結果では、10分位必要な逆噴射が2~3分しか続かなかったと言う。計器不良なのか、プログラムの人為的ミスか。この事業は国費を投入しているので、私達の税金又は借金である。
金星は兄弟星となっているが、地球と大きく違うのは衛星を持っていないのである。これは何を意味しているか。かつて質問コーナーで「自ら自転するものは衛星を持つ」と書いたことがあります。皆さん何を言おうとしてるか解らないみたいでしたが、未だに真理として頭の中にあります。地球は自ら自転しているので衛星を持ちます。このブログを最初から読んでいる人なら後は言わなくても良いでしょう。
金星は自ら自転していない星で、電磁波がつくる場つまり軌道が無い分修正を加えなければならない星です。つまり地球や火星とは違い、やや強い重力を受けることになります。その補正をしなかったのであれば、金星に近づくに従い加速スピードが増します。逆噴射のタイミングが遅くなれば、燃料を使い果たし、通過します。しかし2~3分しか動作しなかったとすると、こちらの方が問題が深刻です。

私の理論では、金星は地球より後に出来てますから過去の星です。火星は未来の星ということになります。物質や状態を探査するのは確かに必要かもしれませんが、地球で知られている物質でできていることには変わりないのではないでしょうか。
日本の打ち上げ花火146億円豪勢じゃの!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。