So-net無料ブログ作成

人類誕生の地を探る [歴史]

 人類誕生の地を探ると題したのですが、これはあくまで私の考えであって、定説となっている物とは違います。時間軸では、10万年前の化石が辿れる最も古い物となっていますが、とすると私の場合もっともっと古いものだとしなければなりません。どうしてかと言うと、今の大陸のプレートがまだまだこの状態ではないところから始まるからです。第一、10万年前のプレートが今の状態だった保証が何処にあるのでしょうか。生き物の発生の条件としては、物質の間に時空が存在することが可能となった時からですから、重力はもちろん電磁気力が発生した時からとなり、地球の磁極、電磁気力は南北に走っていますから、大陸が南北に分裂した時から生き物が発生する条件が発生します。それも、大体的にでなければなりません。だとすると、アフリカ大陸は分裂していませんから可能性は殆ど0に近いと思います。では何処が考えられるかと言うと、地中海を挟んでアフリカ大陸、ヨーロッパ地方にその可能性が生じます。だとすると今の人類世界の構図にかなりの問題、支障が生じます。つまり、今の中近東で繰り広げられている戦争は起こりえないからです。で、前に述べていた今のオーストラリア大陸と中東の分裂が、浮上してきます。同じ北半球の同じ緯度ぐらいですから、条件としてはこちらの方が広大であり南北がはっきり分かれますから可能性は大です。ですから、発祥は同事的にこの二つから起こったとするものです。アジア人に生まれた私にとってはこちらが祖先の原点です。もし道に迷ったらこの原点に戻れば良いわけですが、残念ながらその原点はインド大陸が移動して来たおかげで、ありません。もし、探しあぐねてもっと西に移動していったらどうでしょうか。2000年前であれば強大なローマ帝国です。当然ながら先祖が完全に違いますから、衝突は避けられません。と言ってもアジア人種は戦争と言う概念はなく武器はせいぜい狩猟のための道具のようなものだけで主張するのは生活のための縄張り、それも命までは損なうことのない傾向があるにも関わらずお互いの理解世界観が違うとなると、和解の方法がありません。今でもそれは変わらないのだと思います。それで争いを避けるためにナイル川をさかのぼって密かに暮らす部族が出たとしても可笑しくありません。この争いが無かったせいで、遺伝子的に調べると最古の遺伝子となるのかしれませんが、述べている通りそうでは無いとしました。


一方中東から東側に移動した、又は狩猟民族達は、最終的には今のアメリカ大陸、北アメリカ、南アメリカ大陸迄移動して行ったと考えられます。恐竜がまだ生きていた時代ですからかなりの時代生き延びてきたと考えられますが、状況が変化したのはヨーロッパから移住者がやってきた頃からだと思います。今の日本人はと言うと南からやって来たもの、北からやって来たものに分けられると思います。どちらが早いのかと言うと、移動の意味から言うと、狩猟民の方が早く、農耕民族は定住型ですから何か問題が発生しない限りやっては来ないのだと思います。青森の三内遺跡はその一つで、気候がら一年を暮らして行くだけで大変なので生活の知恵を絞り出さなければなりませんが、自然の恵みは他に類を見ない程豊富です。ただ、今でもそうですが、地震、津波、噴火に襲われひとたび大津波に飲まれてしまえば、絶滅するしかありません。よその地域が助けに来るなんてことは無いからです。


では、今の白人の先祖はと言うと、私は白人では無いので理解に苦しくなるのですが、古代に於いては然程活動範囲は広くなかったことは確かのようです。むしろ、中東系との争いの中、海を渡るしか成功の道が残されてい無いくらい追い詰められていたと、考えざるを得ません。まだ、地球が丸いことも知ら無いうちにです。その辺は西洋人に聞きたいところですが、聞くと「授業料を払え」と言われそうなので止めます。でも、この人種の場合、原点は探そうとすれば、見えにくいですがまだ残っています。が、大陸はもう元には戻れませんので、海の上です。多分バミューダ海域の中です。


では、当の日本はどうなのかと言うと、日本人の中には、京から人が派生したと説く人がいますが(文科省がそうかな?)、たかだか2000年の歴史だけ見てそうだとするのは危険で、2000年の歴史を見ても争いの無い平安の時代があったのかと探して見たって徳川時代の中でも短い時代だけで、その鎖国政策が、吉と出たのか凶と出たのかは、解釈次第なのだと思います。つまりかなりデタラメな地理観しかなかったための争いが絶えなかったのだと思います。


ここで、総括すると今アメリカと手を組んで何かをやらかそうとする、輩がいますが、インディアンを絶滅寸前まで滅ぼし、さもずっとそこに君臨しているかのごとく振舞うアメリカが味方だとは思っていません。敵とも思っていませんが、手を組む気にはなりません。


まあ、やりたいようにやれば、良いんだと思います。所詮、私から見れば手段を選ばない侵略者同士ですから。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。