So-net無料ブログ作成

南海トラフ巨大地震 [地球物理学]

12月27日、内閣の有識者会議で南海トラフ巨大地震の想定中間報告がありました。
geGE日本.png

図を載せた方が説明しやすいので、GEから借りました。
黄色の丸印はUSGSの地震の規模と、赤い色ほど最近の地震を表しています。

震源地と規模は、日本の気象庁が発表するのと微妙に違うので、大体で考えています。
3.11のあの日も確認しながら、ブログを書いていました。
あの頃と今の違いは、カムチャッカやアリューシャン列島での地震が減った事でしょうか。

話を戻しましょう、この図を見て、本当にM9級の3連動巨大地震が来ると、お思いでしょうか。
可能性は0とは言いませんが(当然未来が予測不能の未知数が有る以上0にはならない)、ここでM9を持って来て論ずるのは、非現実的だと思います。

前にも書いたのですが、三陸や福島浜通辺りのトラフに比べれば、こちらの地層の方が歴史が古く頑丈です。
とはいえプレートが違うとは言え、構造的に互いに釣り合っていた訳で、片一方の力関係が崩れれば、影響を受けないわけがありません。しかしこの場合、過去の地震年表を照らし合わせると、傾向として日向灘地震が先にくる傾向が有ります。またその他の地域にも地震が結構来ています。

ただし、戦前の資料が、どの位信用できるモノかは、疑問符がつきます。
昔は計測器も無かったし、どうやって震源地とマグニチュードを割り出したのでしょうか。
今回もM9.0に訂正しましたが、まあその近辺と言う事でしょうか。

また報道による津波のメカニズムの説明が未だに分かりません。
1000年に一回の地震に、こじつけたいのでしょうが、記録が曖昧の中にも、この間に、結構似たような地震津波の資料が残っています。とすると、発表しているアウターライズ現象と辻褄が全く合いません。
一瞬でプレートを6m隆起させ、これが第一波の波なのだそうです。続いてアウターライズで、大きな第二波が起きたとしています。もしそれが本当なら津波は、ハワイやアメリカに向かうのではないでしょうか。
チリ地震の津波が日本に来るくらいですから、あり得る話です。

何を言いたいかと言うと、今回の発表も、最悪の事態を想定した、ミスマッチな発表としか言いようが有りません。この図を見る限り、沈み込んでるプレートは無さそうだし、海溝自体も日本海溝に比べれば、深く有りません。だからM9を想定するのには無理が有るのです。ただし、今迄のような地震津波は想定できるに止めるべきです。

百歩譲って、仮にM9の地震が来たらどうなるかと考えると、はっきり言って日本は終わりです。
この部分は、陸に近く、震源も浅くなりますから、地震だけでかなりの被害が出ます。ビルの倒壊、火災だけでもパニックです。そこに津波が襲ってきたら、どうやって救助活動できるでしょうか。交通網は麻痺するでしょうし、原発もやられるでしょうし、何百万という死者、被災者が出て来ます。
つまり、議論しても始まらないのです。救助は諸外国に頼るしか有りません。

とは言え、地震を予測するのは、相当な知識が要求されます。コンピュータ何かでは、絶対はじき出せません。
数値的計算速度は速いかも分かりませんが、諸条件を与えるのはあくまで人間だからです。
まず人間に求められるのは、宇宙の成り立ち、地球の成り立ちを鋭く理解していなければなりません。
科学的知識も、理解していなければなりません。これが出来ない人には、いくら肩書きが有ろうが、その立場に居ようが、無理な話です。いたずらに、人々を不安に陥れるだけです。
受け止め方は人それぞれですが、私には恫喝としか受け止められません。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

核爆発と水素爆発 [原子力]

wikipediaで水素爆発を調べているのですが、実に微妙な表現です。
水素分子と酸素分子の化学反応で起こる爆発ということでしょうか。
でもこの様な綺麗な反応であれば、燃焼を必ず伴います。

皆さん、ヒンデンブルク号の飛行船事故を思い出して下さい。
浮力に水素ガスを使ったがために、爆発炎上しながら落ちて行きました。
相当な燃え方でした。

2012.4.21 追記 後で調べたら、ヒンデンブルク号の火災は、水素ガスの炎上ではなく、機体を覆っていた布とその顔料のペイントが絶縁物質で静電気をため易く、しかも燃え易かった事と、その日の天候状態だとちょっとした火花でも燃えるような状態だった。と解明が載っていました。また、水素は通常燃焼するときは、色は無色透明だそうです。とは言え、事故の疑いはぬぐい去れないし、放射性物質が広範囲に飛び散った事には変わりは有りません。

ところが、福島第一原発1号基の爆発は、それとは打って変わっています。
最初一瞬ですが、ぴかっと光りますが、後は建物が飛んだ爆風と水蒸気が混じった色の煙だけです。
そんなに水素が発生して配管から出て来るのであれば、爆発の後もある程度炎上しなければなりません。まして、空気中であれば、炭素とも反応しますから、メタンガスをも作ります。
だからこの水素爆発と言う表現は、安全神話の時に作られた世間を騙す詭弁ではなかったかと思います。水素爆発ならまだ安心だと。

チェルノブイリの原発事故は、完全に核反応に依る核爆発です。
福島との違いは、圧力容器も格納容器も有していなかったと言う違いです。
なのでマトモに爆発して、炉心が見える状態だったから、目に見えて作業がし易かったのです。その代わり、何も知らされない軍人や作業員は多く死んでしまいましたが。

しかしです。チェルノブイリの爆発の後と、福島3号機の爆発の後の建物の形状は、まるでそっくりです。
アメリカの報道では、すでにあれは核爆発という報道が流れており、私はそちらを信用しています。youtubuなどの映像を見る限りでも、広島の原爆の映像と似ています。
都心の方向からキノコ雲の映像を撮った人がいましたので、間違いないでしょう。

ここでもチェルノブイリとの違いは、圧力容器や格納容器が邪魔をして、廃炉が難しいということです。

何故日本の報道は、まだ水素爆発という表現を使っているのか分かりません。
中にはチェリノブイリの事故も水素爆発が起きた。とか言っているサイトも有りました。

問題なのは、まき散らされた放射線量であり気休めでない正しい方向性を示す事なのではないでしょうか。事実は言葉では覆す事は出来ません。権力やお金でも変えることはできません。結果は、何十年後はっきりします。その時、生き証人が何人生き残っているかは、定かでは有りませんが、責任の所在は何処にも無くなっているでしょう。

追加:上文で水素分子と使いましたが、水素分子は無いと、未だに思っています。
それは化学式上の略式の産物と思っています。また、この手の領域は、神々の領域で、一般の学歴上がりの秀才が踏み込める領域ではなかったと思っています。

大雪被害予想 [気象]

残念ながら、今年から来年に掛けても大雪を警戒しなければなりません。
警戒と言っても、人間はなす術が有りませんが、一重にこれも人類の過失みたいなもので、自然を無視した産業構造に有ると言っても過言ではないと思います。

震災後に、集中豪雨の嵐に触れましたが、それは、台風という形で犠牲者、被災者を生みました。
又海外では、タイ、フィリピンと言った国も甚大な被害を受けました。
今年は太平洋側で甚大な被害を受けましたが、日本海側は、これから来年2月に掛けて大雪の被害が予想されそうです。

そこに住んでいる人達にしてみれば、毎年の光景かもしれませんが、今年は侮れません。
都会に住んでいる人には関係ないのかもしれませんが、何十年か前に大雪となり、交通が麻痺し、けが人も多数出たと記憶しています。

大雨なら、まだ水ですから、流れてなくなりますが、当り前のごとく雪は溶けないと積もります。温暖化と言っていますが、冬は例年のごとく寒いし、大雪になること屢々です。

そもそも、こう言った自然災害が多いこの国で、経済大国を目指す必要が有ったのでしょうか。
皮肉にも今の状況は、借金大国日本であり、自然災害大国日本であり、人災大国日本になってしまいました。
そこから立ち上がる?
今まで通りのシステムでは、行き着くところ迄行き着かないと無理でしょう。

大雪の場合、除雪費が大幅にかさみ、年度内に使い切れば、財政的に赤字になります。雪に依る事故も多発します。小さい事のようですが、便利な社会造りは、それなりにリスクが有る事も考慮しないと落とし穴です。

大雪のメカニズムは、豪雨と変わり有りません。空気中のCO₂、NOxが増えれば、
発生し、海水温が高ければ高い程発生します。
この条件は、もう整っています。

温室効果ガスを減らす京都議定書も、反故せざるをえない日本の現状、約束を守らない政治家、原発事故の隠蔽体質?

どう考えても、日本は嘗て無い、危険ゾーンに差し掛かったとしか思えないのですが、どうなんでしょうか。

東電電気料金値上げ [雑学]

最近、以外と地球の大地が平穏です。
あの巨大地震や津波も起こる気配もありません。

只、狂気じみているのは、人間社会だけで特に日本国は異常です。
此れ一重に、人間の驕りから来る自らの呪縛です。
なる様にしかならないとしか言えないのですが、誰かが何かをやろうとしても、
多方、アリ地獄が待っているだけです。つまり、そんな社会造りをして来たに過ぎないからです。

あらかたそれの被害に遭うのは一般人ですが、一般人は選挙権は有りますが、権限は有りませんし、その代わり思い義務を負わされることも有ります。

まあ、目の前にお金をぶら下げられて、狂おしく走る馬車馬のようなものでしょうか。
そんな人間に良心が芽生える訳がありません。
我が東北福島を返して下さい、と言っても後の祭りですが、少なくとも今迄の生活レベルの保証だけは、してやって下さい、と言うのが多くの人達の思いでは無いのでしょうか。
来年の3月から復興庁なるものが指導するようですが、広範囲だったとしても制度だけならあっという間に作ることが出来たはずです。
やはりこの国は異常です。

見方によっては瓦礫処理迄は速かった、と言えないことも無いですが、それは地元の人達の努力が有ってのことです。

この異常さを裏打ちするような会見が12.22日に有りました。
東電の社長が、来年四月から大口電力需要会社の電気料金の値上げを発表をし、2月から一般の料金も上げると言うものです。
普通の人なら仕方ないかと思うかも知れませんが、騙されてはいけません。

日本のジャーナリストは何を考えているのか。そんな事も見抜けないのか。
他国のことなら何とでも言えるくせに、自国のことというと、何が大事で何が必要でないのかさえ判断できないのか。

責任は津波にあったのではなく、あくまで東電に有るのです。又はその関係団体、政府にあるはずです。
被災され避難生活を強いられている人達は、ややもすると借金迄しないと生活出来ない状況の中、加害者である東電は借金もしないで増税みたいな値上げに踏み切る。
政府は黙認しているのか片棒を担いでいるのか知れませんが、
もし、それで経営できないと言うのであれば、倒産でもしょうがないはずです。実際もう倒産しているのかもしれませんが、
”倒産したらお前らに電気が行かなくなるぞ” とでも言わんばかりの悪魔的恫喝をするのであれば、これは立派な一般人に対する犯罪です。つまり違った意味の一般人に対するテロ行為です。

一般にテロ行為は善悪がはっきりしていて、見分けが付きそうですが、この位ひねられると、見分けが付きません。

第一、9.11だってテロ行為なのか報復措置だったのか判断できる人がいるのでしょうか。

マスコミも大してこれを取り上げていません。ネットでのニュースでも、なかなか探せません。東電、政府から情報の隠蔽工作をしいられている、と言っても過言ではない状況です。

元々公共性がある独占会社の経営能力なんか必要無いはずで、如何に低コストで電力を供給するかが問われるのに、上げるとは何と最低手段なのか。

これは、中小零細企業、庶民にまともに響きます。
それでは、実際東電が無くなると電気が来なくなるかと言うと、そうとも言い切れません。

一つの案として、今の経営陣を政府直轄とし、労働を今被災して仕事が無い人達に渡せば一石二鳥です。そんな事出来る訳無いじゃないですかと言われそうですが、
多少のトラブルは想定されますが、必至にやると結構できることなのです。
この必至さが大事なのです。
では今やっている人達の立場はどうなるの?と言うと、
給与が下がってもやりたければ、使命感を持ってやれば良いのであり、
但し、心構えは入れ替えなければなりません。

最後に念を押して言って置きますが、東電の電気料金値上げは、最悪のシナリオの始まりです。これが通れば、増税路線もやり易くなります。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。