So-net無料ブログ作成

日本のあるべき姿 [政治]

昨夜の地震に付いて、これはちょっと意外な地震でした。今月の新月は、3日です。それから4日も過ぎています。その間、M4以上の余震は6回あります。3日がヤマで、キラウエア火山も沈静化しているのを見て、山は通り過ぎたと思ったのですが、意外な落とし穴です。
これは余談ですが、昨日は3.11から月の公転周期(27日7時間)が一周期で揃う日でした。時間的に見れば、夜中ですから裏側の太陽と月の重力に引っ張られた形の直下型落盤地震と考えられます。これでは、津波は発生しないと言えるでしょう。又別な角度から見ると、重力関係で言えば、大地震の時と、逆転現象です。つまり、月の重力でマグマの流れを止め、その空いたすきを太陽の重力で落盤させた。と言えない事も無さそうです。
これを機に、余震の数が減って来れば、もう心配はないでしょう。落ち着きます。

私の予想では、その地域の津波はもう何十年も発生しないと思います。地球の地殻変動は、一カ所に集中して起こるのではなく、世界のあちらこちらの変動を伴って起きます。東日本はその代価を払い過ぎるくらい払いました。

後は、茨城、千葉、東京沖での地震です。液状化現象で使えなくなった家は、被災扱いでなければ、もう立ち直る事ができない家族がほとんどだと思うのですが、政府の対応はないようです。まあそれどころではないというのも分かりますが、ここは、政治家の腕の見せ所なはずなのですが、いまのところ、「俺だけは助かりたい」という姿勢を崩していない感が否(いな)めません。被災者を向いていないのです。

それで、今後の日本のあるべき姿を、いち早く示さなければなりません。今の政府官僚では無理だと思います。
今までの日本は太平洋側中心でした。災害が無ければ、それはそれで妥当だったのかも知れません。しかし、いざ災害が起こると太平洋側は決して安全な地域ではないと分かりました。原発事故は例外としても、地殻変動は免れません。
あれだけ茨城沖でも群発地震が起きるということは、海岸線の弓なりがさらに弓なりになるに違いありません。つまり北東に移動する事になります。そうなるとどうでしょう、今の千葉県浦安市辺りから割れそうです。あの富岡公番でさえ液状化して傾いたのには最初驚きでしたが、そう考えれば納得できます。
ではそれが続けばどうなるでしょうか。新木場、築地と沈下ラッシュです。
そのくらいなら、復興可能かも知れません。が、それが都心迄延びて行ったら、物流も情報も麻痺です。指令系統はストップします。東京が転(こ)ければ、皆転けるではシャレにりません。

そこで、今からバックアップ体制を取れるよう、どこかに同じ機能できる地域を確保しなければなりません。大阪?京都?と思ったのですが、ここは断層が走っていて、良くありませんし、同じ太平洋側でもありますし、今の被災地からは遠過ぎます。

地図をよく見るとあります。新潟市です。まさかと思うかも知れませんが、ここが一番将来的にも安全です。海陸空全て揃いますし、地震が来ても最小限の被害で済みます。太平洋の海がだめになっても、日本海があります。冬、雪が積もるかも知れませんが、慣れればどうって事はないのです。
ここはシフトして考えないと、この国難は乗り切れません。
今まで通りやり過ごしていたのでは、この国は救えません。

政治にはビジョンが欠かせません。ビジョンは日本語では象です。混沌とした状況を解き明かし、縺れを研ぎほぐし、現れるべき姿を捉える力です。
今の政治家にそれがないというのであれば、その場から去るのが定石です。
固執するものは失われ、奢れるものは久しからずです。

今から防災と復興事業の拠点を一部新潟に持って来る事はできないでしょうか。無理でしょうか。今はインターネットの時代です。情報のやり取りだけなら、ネットの繋がっているとこ、何処でも同じだと思いますがどうでしょうか。

国会中継 [政治]

国会中継をまだ見ています。自民党はやはり4月頃に解散総選挙に追い込みたい様です。なぜ菅総理ばかりを責め立てるのでしょうか。これは戦国の武将の戦いと同じで、敵の大将の首を取ったもの勝ちの忌まわしい世界です。そんな戦いをしたいのであれば、どうか他所でやってほしいのです。野党の議員が数人掛りで、重箱をつついて一人の人を責め立てるのは簡単です。閣内は、多くの閣僚が居ます。話をするのであれば、専門の大臣に最初に聞くのが筋ではないでしょうか。何故政治を乱そうとするのか分かりません。

まあ仮に、自民党が政権を奪ったとしても、同じく近じか解散総選挙が待っているだけです。これでは国民は混乱します。世界から甘く見られます。今、日本が抱える問題は、無くなりません。どんな政策を取ったところで、結果は同じなのです。どんな結果が待っているのか。財政破綻です。
ですから自民党が民主党を責め立てるのは、逆効果です。
やはり自民党の方が正しかった、と言わんばかりですが、私はそうは思いません。
良いことばかり言って一つも約束を果たしていないと言いますが、できないことが分かっただけでも、前の自民党より一歩前進したと思っています。私は、初めからできないことは分かっていましたから、選挙には投票に行きましたが、前にも言いましたが、民主党にも自民党にも入れてはいません。
昔の様な議論は、もはや夢物語であり、そんな時間は残っていないはずです。

良い案があるのであれば、採用してもらえるよう頼むのが、野党の仕事です。
記録に残るのですから、盗まれることには当たらないはずです。
またそれで与党になった時に、すぐ体制を立て直せます。
攻撃的な話し方は、政治の道から外れます。人の道からも外れます。

今日は公明党ですが、やはり野党とは何か分かっていません。もし同じ与党のスタンスで切り込むのであれば、何故色んな党があるのでしょうか。政治を破壊するためですか。何故選挙があるのでしょうか。

実は政治家自体が、政治とは何か分かっていません。与党野党の役割が分かっていません。選挙とは何か分かっていません。今の野党は、格闘技のルールで行動しています。野党がボランティアで運営されているのであれば、納得しますが、野党の議員もそれなりに、予算の一部を貰っているのではないのですか。

何も政治で決められないのであれば、お金を返して下さい。でなければ単なる泥棒です。犯罪者です。政治家を辞めて責任を取って下さい。今の政治には、何の期待を持てません。私には、あなた達が必要ないのです。

強制起訴 [政治]

今日の新聞の一面どころか、二面三面と小沢氏強制起訴の記事が踊ります。何故なんでしょうか。通常国会が開かれていれば、そちらの方を優先して情報を流すのがジャーナリストの仕事なのではないでしょうか。そちらの方が庶民受けするから、大物をたたくのが楽しいから、なのでしょうか。
この事件は、小沢氏が大連立の案を持ち出した頃から始まり、民主党の優勢が判明したころ、今起訴されている大阪地検の前田検事が担当した事件です。
次期総理大臣が小沢氏に成りそうな状況だったところで起こったのです。もし裁きたいのであれば、半年か一年前にも分かっていたのですから、その時起こせば良かったのではないですか。世の中がこのことで混乱する前であれば、さすが大阪地検といいたいところですが、これでは増々世の中を混乱させた状況です。

今、国会中継を見ながらブログを書いています。今日から自民党の質疑ですが、又小沢氏の話です。これではリングのない言葉のボクシングです。予算質疑では有りません。民主党だ自民党だといって、二つの考えが宙を舞っています。私から見れば、どっちもどっちで政策を案じるのであれば、小沢氏が群を抜いていました。

ことわざに、「その罪を憎んで、人を憎まず」というのがあります。今世の中は、罪をでっち上げて、その人を破壊しようとまでしています。何故なんでしょうか、何故そこまでこだわるのでしょうか、自民党の狙いは何なのでしょうか。世の中を混乱させるのが目的なのでしょうか。あの時選挙で大敗したときの報復戦をやりたいのでしょうか。選挙は戦争ではありません。政治は争いの場ではないはずです。

自民党の議員の中にも良い案を持っている人達もいます。他の政党の中にもいます。その話だけ私は聞きたいのです。そのいい話を聞いて、次の選挙の時の投票対象になるのですが、こんなやり取りを聞いている限り、投票対象にも成りません。

どうも可笑しいですねえ。これは、民主党が小沢氏の政治哲学を封じ込められてから、歯車が狂いだしたのです。ではこうなると喜ぶのは誰なのでしょう。まず上げられるのは、自民党とそれを支えている関係者です。また、自民党を支持して来た情報機関もそうでしょう。あと官僚とそれに連なる人達です。ということは、世の中を今混乱させているのは、お金と権力を握っている人達ということになります。

私から見れば、政治家は経済のための予算には、手を出さないでほしいのです。何かをやろうとすると次から次と問題が出て来て、政治家の出番が増え、増々予算を必要とする仕組みです。これでは国の借金が増えて来るのは当り前です。

自民党は、解散総選挙に追い込みたいのでしょうが、残りの任期までは、我慢してもらいたいのです。それもできないのであれば、政治家失格です。クリーンな政治として、小沢氏を排除しておきながら、今の自民党の質疑は、ドロドロの汚い討論です。議員の皆さんは、国民の期待に答えた質疑だと思っているのでしょうが、私はそんなものは期待してません。野党は与党をある種立てなければ成りません。もし誰かのあら探しをして、批判をしたいのであれば、他所でやって下さい。今は本職である政治をやって下さい。御願いします。

中央集権 [政治]

私は経済の専門家ではないので、生活者通信の会の松井孝司先生のホームページを参考にさせていただきました。そこに道州制の記事も在り、大阪の橋下知事はこれを参考にしているようでも在ります。また教育制度に関しても同じ様な考えです。中央集権制の解体も賛成ですが、既得が絡んで来るので今の民主党では無理でしょう。もちろん自民党でも同じ事です。何故なら今迄積み上げて来た産業構造も解体しなければ成らないからです。一期に解体すれば元の木阿弥です。問題は地方自治体の姿勢にこそ在ります。これは年数が掛かります。今迄責任を中央に押し付けてきたのが、今度は自らの責任に成ってしまいますから。つまり、地方交付金が亡くなるのです。「もう霞ヶ関の官僚さん我々の事は考えなくてもいいですから、あなた達は都会と言う地方の事だけ考えて下さい。」と言える知事が今居るでしょうか。「文科省の皆さん地方の教育は、地方にあった教育を私達が教えますから、無用な教科書は作らなくても結構です。」と言える教育委員会が存在するでしょうか。他人任せなら確かにこんな楽な仕事は在りません。しかも管理職手当まで貰えます。これではやはり学問を追究しないで政府の飼い犬に成った方がましなのでしょう。又無い予算なのに子供手当だ高校まで無償化だだと大盤振る舞いをしたら、確かに親達は喜ぶかもしれませんが、教師どころか子供達まで飼い犬に成ってしまいます。これが教育の落とし穴です。

見て下さい。私の理論は、文科省が作った教科書なぞ何一つ参考にしていません。なのに自然を十分理解できます。将来子供達が社会人に成った時も何かしら役に立つはずです。情報は生き物です。今の学問は中央集権的要素が含まれていて、不完全なのは見え見えです。こんな情報が載ってる教科書を暗記させられたのでは、悪魔の呪文を覚えさせられる様なものです。不登校が増えたとしても不思議では在りません。今ネットで調べれば、結構教科書並みの情報が得られます。しかも絶えず新しく更新できます。訂正も容易です。もし心在る先生が、このブログに出会ったなら是非最初から目を通して頂、一度地域にあった教育を考えて下さるよう御願いします。私の理論は一枚岩で一つでも理解できなければ、滑り落ちます。だからってこれは試験問題では在りません。ただ何かしらの参考になればという気持ちだけです。

さて経済に戻ります。地方の産業は、本来在るべき姿から又は自然と共存していくべき姿から逆な方向に追い込まれました。これを元に戻すのは、並大抵では在りません。すべてはお金が掛かる方掛かる方へと誘導され、貧乏暇無し状態、金権主義にもう背を向けても良いのではないでしょうか。私はアメリカ政府がなくてもちっとも困りません。日本政府がなくても困りません。返って私の出番が出て来て嬉しいくらいです。アメリカの科学がなくても研究者が居なくても、自分で思考できます。アメリカの言いなりになる日本の姿は、まさに飼い犬ならぬ飼い猫です。今の国会を見て下さい、あれは話し合いではなく、まさに猫の喧嘩です。恥ずかしくないんでしょうか。

私は日本人が元々持っていた仏教文化、親から譲り受けた以心伝心からスタートしています。もう廃れてしまったのかもしれませんが、これは西洋アメリカにはない文化でした。これが在ったからこそ、この様な発想が出来たのかもしれません。ですからアメリカ人とは対等だと思っています。何も引け目を感じていません。今私達に必要なのは人間として決断する勇気だと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

政治の落とし穴 [政治]

ここでどうしても政治に対し、触れておかないと釈然としないので、言わせて下さい。科学から見た政治の落とし穴は歴然だ。年金制度を見て下さい、年金がまだそれ程支払われずに済んでいた頃、どの政治家が今のずたずたな年金制度状態を予想したでしょうか。誰がこれほど国民の負担になると予想した人が居たでしょうか。それは今の若い人が子供を作らないからだととは制度を作った側の台詞で、今の世の中がどれほど矛盾だらけか分からない人の台詞です。
まして人類はこれから永遠の命に向かって行くのに、年金制度だ子供手当だとか、いずれ亡くなる制度を固持しようとするのは如何なものか。未来が読めない政治家なら資格も無い気象予報士と同じではないか。最も資格等持たなくても、地方の天気は地方の人がよく当てる人もいますが。でも今の政治家はそれを良い事に、危ない政治運営をしてるみたいだ。利権やお金が絡むと、こうも目先の事しか見えず、身(党)を滅ぼす嵌めになるものか。どの党がやっても誰がやっても同じという訳だ。しかしこれではたまったもんでないしょう。選挙で選んだ人なのに!と多くの人は、思うかもしれませんが、実はそこに落とし穴が有るのです。

大衆心理を利用した誘導に引っかかるのです。特に政党に入れる場合は、考えなくてはなりません。二大政党と言えば今民主党と自民党でしょうが、所詮は同じ穴の狢じゃないですか。ですから本当は、かなり前に、二十年位前に勇気を持って国民は、別の党をもっと応援しなければならなかったのです。この頃バブル絶頂でした。もうこの時にとんでもない事を政治家はしてしまったのです。アメリカが日本に核爆弾を落とした威力と同じ位未来の経済を奪ってしまいました。残ったのは、相変わらずの金満体質と借金のみです。

今からでも遅く有りません。まともな議論を戦える政党をもう一つ育てていかなくてはなりません。ちなみに私は、自民党民主党に選挙で投票する事は滅多にありません。選挙自体は勝ち負けではなく、心意の表明なはずです。だから全部の党が拮抗した方が、国政は上手く回ります。なのに、皆さんの投票はやはりお金や権力に頼れる人に入れがたるのですね。選挙権を持っているのに選挙に行かない人へ、投票に行きましょう。(行かない人はそれどころでない。というのも分かりますが)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。